CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Def Tech
Def Tech (JUGEMレビュー »)
Def Tech
最近よくラジオでかかってるね。my wayはすごいノリの良い曲で、でもなんか心に響く歌詞。春らしさが○
RECOMMEND
半落ち [DVD]
半落ち [DVD] (JUGEMレビュー »)

号泣しました。
かなり深い内容になっとります。やっぱまだまだハリウッドには負けてないね、邦画。
寺尾あきらが名演。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
last day on tour
だいぶ離れてましたが、カンボジア日記再開いたしまする。

4日目で悲劇が訪れたことは前回書いたけど、その熱は翌日にはひき
王冠(ほっ)なんとか通常通りの体調に戻った。
まじで違う国で病気とかいやすぎる〜と思ってたのでよかった。
今まで下痢とかはあったけど熱出るとかはなかったからな〜。

で、最終日。
続きを読む >>
| カンボジアのつれづれ。 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Day 4
4日目。
魔の4日目が来てしまった。

午前中はやはりこどもの家でゆっくりしてた。
いろんな本読んだり考え事したり・・・

で、午後。
なんか庭でカンボジア人のホイ君が3人ぐらいでスパイク履いてユニ来てサッカーしてるサッカー
それでまぜてもらう。
このホイ君、けっこううまい。
トラップも滑らか、パスもうまい、リフティングもできる。
そんなかんじですっかり意気投合して、「試合をしよう!」ってことになる。
やってたのはカンボジア人3人と日本人3人。
でも場所を移していっぱいの人数でやるらしい(日本語はちょっとだけ通じる)

で、彼らのバイクでオルセイ・ルウという学校に行く。
そこで地元の親父達と試合をすることになった。
と、突然カンボジア特有のスコールが!
でもみんなやめようとしない!
困った!
地面はぬかるんでゆるゆる。サッカーやるどころじゃない。
でもそんなスコール&雷&暴風の中で30分ほどやってしまい・・・

その日の夜ぐらいから38・5度ほど熱が出てしまった冷や汗病院
| カンボジアのつれづれ。 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Day 3


たたみかけます。

3日目はまず市場へ行きました。
東南アジアの市場ってほんとに人間らしさがぷんぷんするところで魚にハエがたかってたり豚の頭がそのままずでん!と置いてあったり、初めてみるとえ・・・って思ったりもするけど慣れると市場ってこういうもんだよな〜って思ったりもした。

初めてこういう市場見る子は「えー、気持ち悪い!」とか「あんなんよく食べれるよね〜」とか言ったりするけど、おれはそうは思わない。
確かに抵抗あるけど、そういった食材なりなんなりは全てそういうものなのだ。肉だって誰かが血まみれになって裁かないと食べられないわけだし、魚もハエにたかられながらでも調理しないといけないわけなのだ。
つまり、市場に広がってる光景というのは我々が口にするまでのひとつの過程を示しているのであって決して我々に無関係な世界ではない。
食物を捕らえ、さばき、調理してからやっと自分達が食べる機会に恵まれるわけで、そういった「過程」にあたる部分を否定することは「食」ということ自体を否定してしまうことなんじゃないかな〜と思いました。
別にえらそうに言ってるけどおれもちょっと「え・・・」って思っちゃった側なんで。

午後からはこどもの家で昼寝。
昼寝するなんてもったいない!って思う人もいるかもしれんけど、まじで昼寝しないとやってられないんです。
しかもおれの場合は行く前日までサッカーの合宿で夜10時半に帰ってきてそれから荷造りして3時に寝て4時半に起きて関空に向かった無謀者ですからちゃんと休息は取らないとね。
でもこの後悲劇が・・・

まあそれはDay 4のお話でやんす。
| カンボジアのつれづれ。 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Day 2


初日から財布をなくしテンションぼこ下がりのカンボジアでの翌朝、朝6時半に起きてみる。晴れ
き、気持ちいい!桜
早起き&朝の太陽がこんな気持ちいいとは!
泊まってるところはこどもの家から少し離れた日本人用のキャンプ場。
昨晩は虫が耳の中に入ったり大変だったけど朝になったらすっきりグッド

朝ごはんはこどもの家で。
なんとそこにはタイの日本人料理屋で1年間修行したというカンボジア人がいて朝から味噌汁&ご飯という純和風!
がちがちのカンボジア料理を想像していたおれはびっくり!

そして初日は栗本さんが建てた(建てたっていっても実際に作ったわけじゃないよ、作ったのはカンボジア人とかだよ。そこで変なつっこみいれないように)寺子屋(学校とは言わないらしい)を視察。
こどもたちが元気に学んでいる。
クメール語は読めないので何を書いてるかわからんけど、どうやら保健の授業らしい。
なんか6大栄養素チックな表が張ってある。

その後も寺子屋を3つほど回る。
こども達の顔を見ているとあまり貧しさは感じない。
それはきっと遊んでいるときの笑顔がカンボジアの太陽のように光り輝いているからだろう晴れ楽しい
| カンボジアのつれづれ。 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
続きまして・・・

財布をなくして意気消沈のままカンボジア側の国境、ポイペトへ。
やはりカンボジア、舗装なんてされてないもんだから道が悪い悪い。
今は雨季で雨が降ると粘土質の地面を車なんかが通って道がぼこぼこになるのだ。
ピックアップトラックでけつを突き上げられながら走ること50分、
もうあたりは真っ暗、明かりなんて見えやしない。
やっと着いた「こどもの家」。
そこのスタッフである広瀬弥生さんと辻田洋介さんに駆け寄るカンボジアのこども達。
ああ、ここはカンボジアなのか、ということを実感する瞬間。

そして初日はシャワーで虫と格闘しながら終わっていくのだった・・・
| カンボジアのつれづれ。 | 23:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
紛失!


と、いうことで!

カンボジアで起きたことについて事細かにレポートしちゃいます!
読みたくない人は読まなくてよろしい!
ただの日記やから。

我々一行は関空を9時40分に出発し、午後3時ごろ、バンコク空港に到着しそこからバスでいざ国境の町アランヤプラテートへ・・・
揺られること4時間遂に到着!
1年半ぶりのアランヤプラテート。
相変わらず活気がある。
道の両端に群がる物乞いの人、人、人・・・
参加者のほとんどはその姿に圧倒される。
おれもちょい恐いかんじがした。
足のない人、手のない人、こどもを抱いた母親。
見る目見る目がとても哀しい。
でもものをあげても彼らのためにはならない。
だからおれは決して物乞いにモノはあげない。あげてはならないのだ。

国境を越え、いざ目的地のこどもの家に向かおうというトラックの中であるひとつの事実に気づいた。なにか手持ちぶたさだな・・・
なんかないな・・・何だろ・・・

財布だーーーーーーーーーー!!!!
超大失態。なんとバスの中に財布を忘れてきてしまったのだ。
これまで海外旅行でいろいろなくしてきたが財布をなくしたのは初めて。

ということで現金3万円+2千バーツ、クレジットカード、免許証、学生証、銀行カード、その他もろもろが一瞬にしてタイの地に消えてしまったのでした・・・(涙)
| カンボジアのつれづれ。 | 15:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
カンボジア〜♪
9月10〜17日の間に行ってきました、カンボジア!

去年も3月に東南アジアツアーの一環としてアンコールワットを見に行ったけど、今回はスタディーツアーで「カンボジアこどもの家」ちゅーところに行ってきました・・・・
続きを読む >>
| カンボジアのつれづれ。 | 15:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |